スポンサーリンク

「労る」の意味とは?読み方や使い方・例文!「労う」との違いは?

スポンサーリンク

「労る」の読み方

「労る」は「いたわる」と読みます。

「労る」の意味とは?

「労る」の意味は、「同情の気持ちを持って真摯に対応する。労をねぎらう。養生をする」という意味をします。

「労る」の使い方や例文

「労る」は基本的には思いやりの心を持ち接することを意味します。

例えば、「体を労る言葉をかける」はご老人などに体に気を付けてくださいね、という言葉をかけるという意味で使用されます。

例文:

あ、この人は年寄りだから苦労したんだから労らないといけません

老人をいたわって席を譲る。

パフォーマンスを上げるには、自分を労ることも必要です。

人のお世話も大切ですが、時には自分自身を労ることも大切ですよ。

彼は長い距離を一緒に旅してきた愛車を労っている

「労る」と「労う」の違い

「労る」と似たような言葉として「労う(ねぎらう)」が存在します。

「労う(ねぎらう)」は、「相手の苦労や頑張りを評価して、感謝すること」という意味です。

2つの言葉は使用する相手に違いがあるため、使用に注意する必要があります。

  • 「労る(いたわる)」はお年寄りなどに対して使う言葉。
  • 「労う(ねぎらう)」は自分と立場が同じ人や、目下の人に対して使う言葉。

「労う(ねぎらう)」は、お礼の言葉を述べたり、品物を贈ったり、宴会などを催すというように、具体的な行動が伴います。

例えば、営業目標を達成したとき、チームのメンバーや部下にご馳走したりしますよね? そんなときは、「部下を労う」と言います。

目上の方には「労う(ねぎらう)」は使えませんので、注意しましょう。

労るの類語

「労る」の類語は

  • 力づける
  • 慰める
  • 慰む

などがあります。

「労る」の中国語表現

「労る」の中国語表現は「怜恤,照扶,照顾」「安慰,慰劳」。

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました