スポンサーリンク

「あながち」の意味とは?使い方や例文・類語!

スポンサーリンク

「あながち」の意味とは

「あながち」の漢字では「強ち」と書きます。副詞です。一般的には、「あながち」とひらがなで表記することが多いです。

「あながち」の意味は「一方的に物事を決定できないさま。必ずしも。一概に。まんざら」です。

物事を全面的に、それが本当であるかどうかははっきりと判断できない気持ちを表します。

「あながち」の使い方や例文

「あながち」は、断定することはできない気持ちを表す言葉なので、後ろに「~ない」などの打消しの語句を伴って使います。

例えば、「彼の年齢であの子にアタックするのは無茶な気がするが、あながち無理なことではない」と言います。 これは「年齢を考えたら、彼があの子に告白するのは無茶とは思うけど、必ずしも無理とは言い切れない」という意味です。

「あながち」は、断定するのではなく、婉曲的に否定あるいは肯定するのが「あながち」の特徴です。相手を強く否定したり肯定したりすることなく、自分の思いを伝えたいという場合に適している表現となります。

言い回しとしては:

  • あながち間違ってない
  • あながち嘘ではない
  • あながち無理とも言えない
  • あながち正しいとは言えない
  • あながち悪いことでもない
  • あながち間違いとは言い切れない

などとなります。

例文:

あなたの言っていることはあながち間違いではないけれど、少し違う。

その成分は天然由来で安全だと言われますが、あながち正しいとも言い切れない。

確かに彼は大見得を切っているように見えたが、あながちはったりとは限らない。

前年比二倍の売上目標とは無茶なように思うが、あながち不可能なことではない。

彼の年になって新しいことを始めるのは難しくはあろうが、あながち無理なことではない。

確かに彼は意地っ張りだが、あながち嘘をついているとは限らない。

「あながち」の類語

「あながち」の類語:

  • 必ずしも
  • 一概に
  • まんざら

などがあります。

あながち中国語の意味

「あながち」中国語の意味は「未必」「不一定」「不见得」。

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました