スポンサーリンク

「屈託」の意味とは?使い方や例文・類語!

スポンサーリンク

「屈托」の読み方

「屈托」の読み方は「くったく」となります。

「屈託」の意味とは?

「屈託」の意味は「心配事があって、そのことを気にして落ち着かないこと。クヨクヨすること。

何かが気になり、そのことを気にして落ち着かずくよくよする様子を「屈託」と言います。

「屈託」の使い方や例文

「屈託」の使い方や例文:

彼は前回のミスのことがあるので、終始屈託していた。

私の屈託を見抜いた上司は、重要なアドバイスをしてくれた。

日常生活やビジネスシーンでは「屈託」という言い方ではあまり使いません。「屈託」を使った言葉で、もっとも多く使われるのは「屈託のない」「屈託なく」などです。

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました