スポンサーリンク

「侍らせる」の意味とは?使い方や例文!「侍らす」との違いは?

スポンサーリンク

「侍らせる」の意味とは?

「侍らせる」はラ行5段活用の動詞、「侍る」の未然形である「侍ら」に使役の助動詞「せる」がついた形になります。

「侍らせる」の意味は、身分の高い人が妾や側近などをそばにおいて身の回りの世話をさせること権力などを使って強く指示し、逆らわせない、などといった意味合いもあります。

「侍らせる」の使い方や例文!

「侍らせる」という表現は身分の高い人に従わせるという意味があります。

例えばお金持ちの男性などが女性たちを常にそばに置いておき、楽しく生活しているような状態はまさに「侍らせる」、と表現できます。

例文:

父は二階の自分の机の脇に僕を侍らせて、しばらく仕事をした。

芸者を侍らせながら相撲観戦し、その傍ら携帯電話を持ち込んで取引する。

両側に数人の女の子を侍らせ、至極御満悦の体でケーキをパクついている。

「侍らせる」と「侍らす」の違いは?

文語体では「侍らす」という表現がよく使われます。

「侍らす」というのはラ行変格活用の動詞「侍り」の未然形である「侍ら」に使役の助動詞「す」をつけた形になります。

それに対してラ行5段活用の動詞「侍る」の未然形である「侍ら」に使役の助動詞「せる」がついた形になりますから、そもそも単語の構造が異なります。

「侍らせる」という表現自体は仕えさせて身の回りの世話をさせる、という意味ですが、最近では「女性を侍らせる」、といった表現で使われることが多いかもしれません。

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました