スポンサーリンク

「際立つ」の意味とは?使い方や例文!「引き立つ」との違いは?

スポンサーリンク

「際立つ」の意味とは?

「際立つ」の読み方は「きわだつ」となります。

「際立つ」は「他のものと区別されてはっきりと目立つ」、「差がはっきりしていること」という意味です。

「際立つ」の使い方や例文

「際立つ」は、「まわりのものよりも遥かに違うことが分る」時に、良い意味として使われる言葉です。人が優れた行動をする時など、良い意味で使われています。

例文:

際立って濃い眉。

そう際立って美しいというべき人ではない。

背が高い彼は、群集の向こうにその頭部が際立って見える。

からりと揚がった豆腐は甘みが際立ち美味。

自家製の粒あんと杵つき餅、黒豆のバランスのよさが際立つ一品。

「際立つ」と「引き立つ」の違い

「引き立つ」も「際立つ」の同義語の一つであり、同じように「周りのもの、他のものに比べて、特に目立ってよいものに見える」という意味を示します。

また「引き立つ」には、精神的に奮い立つ、元気になる、といった意味合いもあります。

例えば、「気持ちが引き立つ」。

「際立つ」と「引き立つ」の違いは、「素晴らしさの程度、度合い」の差

どちらも「他のものより優れている」ことを示す言葉ですが、「引き立つ」には「よいように思える」、「多少優れている気がする」といったように、若干、表現者の主観が含まれているニュアンスがあります。

例えば、

火で少しあぶると、より香りが引き立つ。

松の緑が、城壁の白さを一層引き立てている。

自分はそう思う、比較的には優れている、といった印象を受けます。

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました