スポンサーリンク

「司る」の意味とは?読み方?使い方や例文もチェック!

スポンサーリンク

「司る」の読み方

「司る」の読み方は「つかさどる」となります。「掌る」とも書きます。

「司る」の意味とは?

「司る」の意味は「役目に付く、仕事として取り組む、担当する。」また「管理する、支配する」、といった意味も持っています。

例えば、「任務を司る」は、役目として請け負う、使命を果たす、との意味で使われています。

「この世界を司っている…」は、この世を支配する、との意味になります。

「司る」の使い方や例文

「司る」の使い方や例文:

裁判官は法を司る重要な職業です。

我々の運命は見えざる存在に司られている

芸術をミューズが司る

ゼウスは雷を司る神だ。

ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。

ニュートンが万有引力を発見する以前は、天体の運行を「司る」力と地上の物体の落下などを「司る」力は別なものだと考えられていた。

 

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました