スポンサーリンク

「しめたもの」の意味とは?使い方や例文!類語も!

スポンサーリンク

「しめたもの」の意味とは?

「しめた」という言葉は期待どおりうまくいって喜ぶときに発する言葉。動詞としてではなく、感動詞として常にこの形で使われます。

「うまくやった!」という意味です。自分で努力したことがよい結果になったときではなく、偶然、自分以外の力のおかげで、自分にとって利益がある状態になったときに、使います。

例えば、しめた!うまくいったぞ!

「しめたもの」の意味は状態がよい方に進んで喜ぶべきことという意味をします。

「しめたもの」の使い方や例文!

「しめたもの」はよく「しめたものだ」として使います。

「都合がよいことだ」「得だ」という意味になりますが、

特に

「~(仮定)ば、しめたものだ」というときは、「~が実現すれば、成功だと考えられる」という意味で使われます。

例文:

彼が上手くやってくれればしめたものだ

彼女が自転車に乗れるようになればしめたものだ。

先輩に上手く倣えば、しめたものだ

「しめたもの」の類語

「しめたもの」の類語:

  • やった
  • 都合がいい
  • 好都合だ
  • しめしめ
  • やったぞ
  • うまいぞ
  • これはチャンス

などがあります。

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました