スポンサーリンク

「はたまた」の意味とは?使い方や例文・類語!

スポンサーリンク

「はたまた」の意味とは?

「はたまた」は、接続詞のひとつです。漢字で書くと「将又」と書きます。

「それとも」「あるいは」「なおまた」といった意味があります。

あまり日常生活では使われませんが、小説や舞台などの台詞ではよく使われる表現のひとつです。

「はたまた」の使い方や例文

「はたまた」の使い方は「もしくは、あるいは」と「なお又」は似ています。

「もしくは、あるいは」は、前述の内容とは別の選択肢を提示するための接続詞です。

例えば、「Aの方法か、もしくはBの方法か」「Aのルートか、あるいはBのルートか」のように用います。

「なお又」は、前述の内容に後述の内容を付け加える際に使用されます。

例えば、「Aであり、なお又Bでもある」というように、「その上さらに」という意味合いで用いられます。

「はたまた」は、このどちらの用法も許されています。

「はたまた」の例文:

彼は天使か、はたまた悪魔か。

給料の良いA社を選ぶか、はたまた福利厚生が充実しているB社を選ぶべきか?

会社を休むべきか、はたまた無理をしてでも行くべきか悩んだ。

悲しくもあり、はたまた可笑しくもある。

伊達や酔狂や、はたまた同情心などという軽薄な感情からしたことではない。

「はたまた」の類語

「はたまた」の類語や言い換え:

  • もしくは、または
  • その上さらに
  • ひるがえって

などがあります。

 

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました