スポンサーリンク

「倣う」の意味や読み方は?使い方や例文!「習う」との違いも!

スポンサーリンク

「倣う」の読み方

「倣う」の読み方は「ならう」となります。「習う」と同じ読み方をにします。

「倣う」の意味

「倣う」の意味はすでにあるやり方、例をまねて、そのとおりにする。手本としてまねをする

「倣う」の「倣」という字は、「人」と「まねする」を表す象形から成っています。ここから「人のまねをする」を意味する漢字として成り立ちました。

「まねる」と同じ意味で、「前例に倣う」「右へ倣え」「他国に倣った制度」のように使われます。

「倣う」の使い方や例文

「倣う」の意味は人のまねをする。すでにある物事や、やり方を真似るため、先例や先人という言葉が頻繁に使われています。他にも「伝統に倣う」「イギリスに倣う」などと用いられます。

また、「〜に倣って、○○する」という言い回しもよく使われています。

例文

  1. 最初のうちは先輩に倣ってやってみてください。
  2. それを実現するためには、他社に倣う必要がある。
  3. 友人に倣って、わたしもスポーツジムに通っている。
  4. 伝統に倣ったこの儀式は、100年以上続いているらしい。
  5. イギリスに倣うようにして、日本は法律を整備していった。

「倣う」と「習う」の違い

「倣う」と「習う」は、どちらも「ならう」と読みます。読み方は同じでも、具体的な使われ方は異なります。

「習う」は「人から教わる」ことを意味します。それに対して、「倣う」は「人のまねをする」ことを意味すると覚えると使い分けしやすくなります。

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました