スポンサーリンク

「肝要」の意味とは?「肝心」との違いは?使い方や例文!

スポンサーリンク

「肝要」の意味とは?

「肝要」読み方は「かんよう」となります。

「肝要」の意味は非常に大切なことや重要なこと、最も必要なことといった意味をします。

「肝要」と「肝心」の違いは?

「肝要」と「肝心」は、どちらも非常に大切なこと、最も大事なことを指す言葉です。

  • 「肝要」は「全体の中の重要な部分」
  • 「肝心」は「他と比べてとりわけ重要な部分」

ということです。

どちらも「これが最も重要」ということを言うので、ほぼ同じと考えられます

特に「肝心」には「他と比べると一番大事」という意味があります。

「肝要」の使い方や例文

「肝要」は、非常に大切なこと、最も必要なことという意味で使います。少し堅苦しい印象で、気軽な会話よりは、かしこまった場面や文章の中で使われます。

例文:

  • 就職の面接では、明るく清潔感のある印象になるよう心がけることが肝要だ。
  • 私は何事もはじめが肝要だと思っている。
  • 受験に向けて、計画性を持って勉強を進めることが肝要だ。
  • 接客業で肝要となるのは、お客様と適度な距離を保つことだ。
  • 何事にも忍耐が肝要である。
  • これ以上利益が出る見込みがないなら、早めに売却する決断をすることが肝要だ。
  • 住民の皆様からの正しい理解を得ることが肝要です。

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました