スポンサーリンク

「言及する」の意味とは?「言う」との違いは?使い方や例文・類語!

スポンサーリンク

「言及する」の意味とは?

「言及」は「げんきゅう」と読みます。

「言及する」の意味は。話の中でそのことに触れる、言い及ぼす。端的にいうと「~について話す」です。

「言及する」と「言う」の違い

「言及する」と「言う」の違いを分かりやすく言うと、

  • 「言及する」とは、~について話題を出すこと
  • 「言う」とは言葉を口に出すこと

という違いです。

「言及する」はある事柄を話題に上げて話す場合に使う、「言う」は言葉を口に出すこと場合に使います。

「言及する」の使い方や例文

「~について話す」、という意味の「言及する」は「~に言及する」という表現が最もよく使われます。

又は、

  • ~について言及すべき
  • 言及する必要が無い
  • 言及を避ける
  • ひとことも言及が無い

などの使い方もあります。

例文:

  • 社長の進退問題について、今度の株式総会にて言及するらしい。
  • 彼女はしばしばその点について言及した。
  • あえて古い事件に言及する。
  • 事故の原因について言及すべきだ。
  • 電話にあの件について言及された。
  • 過去のことについて言及する必要がない。
  • 契約が取れていないので、今回の会議での言及を避ける方が無難です。
  • 不祥事について、ひとことも言及が無いのはいいですか?

「言及する」の類語

「言及する」の類語

  • 話題にする
  • 議題とする
  • 論及する
  • 取り扱う
  • まな板にのせる

などがあります。

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました