スポンサーリンク

「労い」の意味とは?読み方や使い方・例文・類語を解説!

スポンサーリンク

「労い」の読み方は?

「労い」は「ねぎらい」と読みます。

「労い」の意味とは?

「労い」は「努力や骨折りに対して感謝する気持ちを何かしらの手段を用いて表現すること」という意味です。

ほんの少しの労力に対して「労い」という言葉をあまり使わないです、基本的に「その対象人物がお金や時間、労力などを犠牲にして頑張った場合を用います。

例えば「お菓子を買ってきてくれた部下を労った」というのは大げさな表現でしょう。

「労い」の使い方・例文

「労い」は言葉として表現すると、例えば挨拶は「おはよう」「こんにちは」の様な言葉になります。

また、「努力したね、よく頑張った」や「いつもありがとう」なども労いの言葉です。

「労い」の使い方を例文で解説:

部長から労いの言葉をかけられたよ。

生活をしていく中で、助けられる場面はいくつもありますよね。その際にかけたいのが「労いの言葉」です。

「労い」の類語

労いの類語・言い換えは

  • 慰労
  • 労い
  • 労り

などがあります。

 

 

 

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました