スポンサーリンク

「軋轢」の読み方や意味とは?使い方や例文!

スポンサーリンク

「軋轢」の読み方

「軋轢」は「あつれき」と読みます。

「軋轢」の意味とは?

「軋轢」の意味は人の仲が悪く、あい争うこと。関係が悪くなる、不和という意味をする言葉。

「軋」は車輪が擦れて音を立てる様子、「轢」はきしると言う意味です。

移動中の車輪が「ギーギー」と擦れ合う不快な音から転じて「不仲になる」「葛藤する」という意味になったそうです。

「軋轢」の使い方や例文

「軋轢」の使い方や例文:

昔ちょっとした喧嘩で軋轢を生んで以来母とは疎遠になっている

友達の勘違いで2人の間に軋轢が生まれたためもうずっと口をきいていない

喧嘩になる前に過ちに気が付き謝ったことで軋轢を避けることが出来た

企業間の軋轢がこのプロジェクトが進まない原因になっている

もしかしたら僕達は結婚以前から軋轢があったのかもしれない

「軋轢」の類語

「軋轢」の類語

  • 仲違
  • 葛藤
  • 食違い
  • 不仲
  • 不和
  • 行き違い
  • 仲たがい
  • 齟齬

などがあります。

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました