スポンサーリンク

数多(あまた)の意味とは?使い方や例文!

スポンサーリンク

「数多」の読み方は?

数多の読み方は「あまた」「すうた」「すた」になります。一般的には数多は「あまた」と読むことがほとんどです。

「数多」の意味とは

「数多」の意味は「数の多いこと。たくさん」名詞的にも用いられます。

たとえば「あまたの意見」は「たくさんの意見」という意味となります。

「数多」の使い方や例文

「数多」の使い方や例文:

走りながら、夜の中で出会ったあまたの生きものたちを喰らっていった。

それでもあまたの町が森に没し、人が生きられる場所は極度に狭まった。

目の前にはあまたの星が散り、気を失ってしまったほうがましだと思ったという。

かなり近づいたところで、なおよく見ると、船の上にはあまたの人間がいた。

数多の類義語

数多の類義語:

  • 幾多(いくた)
  • 多々(たた)
  • 無数(むすう)
  • 莫大(ばくだい)

などがあります。

言葉
スポンサーリンク
スポンサーリンク
zijunをフォローする
その意味や違いって何?
タイトルとURLをコピーしました