言葉

スポンサーリンク
言葉

「くだり」の意味とは?使い方や例文!

くだりの意味とは 「くだり」は以下のようにいくつか意味があります。 1,「下り」(くだり): 上から下へ移動すること 高い所から低い所へ流れ ある時刻の終わりごろ 都から地方へ行くこと 北から南...
言葉

「軋轢」の読み方や意味とは?使い方や例文!

「軋轢」の読み方 「軋轢」は「あつれき」と読みます。 「軋轢」の意味とは? 「軋轢」の意味は人の仲が悪く、あい争うこと。関係が悪くなる、不和という意味をする言葉。 「軋」は車輪が擦れて音を立てる様子、「轢」はきしると言う意味...
言葉

「際立つ」の意味とは?使い方や例文!「引き立つ」との違いは?

「際立つ」の意味とは? 「際立つ」の読み方は「きわだつ」となります。 「際立つ」は「他のものと区別されてはっきりと目立つ」、「差がはっきりしていること」という意味です。 「際立つ」の使い方や例文 「際立つ」は、「まわりのもの...
言葉

「はたまた」の意味とは?使い方や例文・類語!

「はたまた」の意味とは? 「はたまた」は、接続詞のひとつです。漢字で書くと「将又」と書きます。 「それとも」「あるいは」「なおまた」といった意味があります。 あまり日常生活では使われませんが、小説や舞台などの台詞ではよく使...
言葉

「しめたもの」の意味とは?使い方や例文!類語も!

「しめたもの」の意味とは? 「しめた」という言葉は期待どおりうまくいって喜ぶときに発する言葉。動詞としてではなく、感動詞として常にこの形で使われます。 「うまくやった!」という意味です。自分で努力したことがよい結果になったときで...
言葉

「倣う」の意味や読み方は?使い方や例文!「習う」との違いも!

「倣う」の読み方 「倣う」の読み方は「ならう」となります。「習う」と同じ読み方をにします。 「倣う」の意味 「倣う」の意味はすでにあるやり方、例をまねて、そのとおりにする。手本としてまねをする。 「倣う」の「倣」という字は、...
言葉

「口々に」の意味とは?使い方や例文!類義語や言い換えも!

「口々に」の意味とは? 「口々に」の読み方は「くちぐちに」となります。 「口々に」の意味は多くの人がそれぞれ言うこと。 大勢の人が異口同音に唱える様子を表す言葉です。 「口々に」の使い方や例文 「口々に」は多くの人がそれぞれ...
言葉

「幾度となく」の意味とは?「何度となく」との違いは?使い方や例文!

「幾度となく」の意味とは? 「幾度となく」の読み方は「いくどなく」。 「幾度」は「何回」 に置き換えられます。「幾度となく」は「何回となく」と同じで、多くの回数という意味です。 「幾度となく」と「何度となく」の違いは? 「何...
言葉

「言い募る」の意味とは?使い方や例文!類語もチェック!

「言い募る」の意味とは? 「言い募る」の読み方は「いいつのる」となります。 「言い募る」の意味は調子に乗っていよいよ激しく言う。とても激しく話すさまを表す言葉です。 しかもただ激しいだけではなく、話しているうちに調子に乗っ...
言葉

「賜物」の意味とは?使い方や例文は!対義語もチェック!

「賜物」の意味とは? 「賜物」の読み方は「たまもの」となります。 「賜物」の意味は苦しい試練などのあとに、得られる良い結果を意味する言葉。 「良い結果」や「良い出来事」、「良い成果」を表す敬語です。 また「賜物」は、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました