ことわざ・慣用句

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

「羽目になる」の意味とは?使い方・例文・英語表現をまとめ!

日常生活で自分の意図していた事とは、なにか違う展開になってしまうことってよくありますよね。 そんなとき、「~の羽目になる」という言葉をよく耳にしませんか? 今回は、1度は耳にしたことがある「羽目になる」という言葉について...
ことわざ・慣用句

「満更でもない」の意味とは?使い方や例文・中国語!

「満更でもない」の意味とは? 「満更でもない」の読み方は「まんざらでもない」。 「満更でもない」とは、「必ずしも全くダメというわけではない」「それほど悪くない」さらに「かなり良い」ということを遠回しに表現する言葉です。 「満更...
ことわざ・慣用句

「とりもなおさず」の意味とは?使い方や例文・類語!

「とりもなおさず」の意味とは 「とりもなおさず」の漢字は「取りも直さず」と書きます。 「とりもなおさず」の意味は「前に述べた事柄が次に述べる事柄にそのまま当てはまること。すなわち。つまり。」です。 例えば、「勉強は、とりも...
ことわざ・慣用句

「雨後の筍」の意味とは?使い方や例文・類語!

「雨後の筍」の意味とは 「雨後の筍」の読み方は「うごのたけのこ」。 「雨後の筍」の意味は「物事が次々と現れる様子」を表現しています。 タケノコは雨が降った後に生えてくる習性があり、とても成長が早く、地表に顔を出すと10日頃...
ことわざ・慣用句

「一足先に」の意味とは?使い方や例文!

「一足先に」の意味とは 「一足先に」の読み方は「ひとあしさきに」。 「一足先に」の意味は少しだけ先にということ。ほんのわずかに先立つこと。 わずかに時間的に先行すること。 「一足」は少しだけといった意味の表現で、そこからわ...
ことわざ・慣用句

「足が早い」の意味とは?使い方や例文!【慣用句】

「足が早い」の意味とは? 「足が早い」の読み方は「あしがはやい」。 「足が早い」の意味は: 歩む速度が早い。 また、移動するのが早い。 食物などの腐りかたが早い。 長持ちしない。 商品などの売れ行きが良...
ことわざ・慣用句

「足がつく」の意味とは?使い方や例文、類語!【慣用句】

「足がつく」の意味とは? 「足がつく」の読み方は「あしがつく」となります。「足が付く」という表現もあります。 「足がつく」の意味は: あるきっかけから、犯人の身元や逃亡者の足どりがわかる。  犯罪事実が明らか...
ことわざ・慣用句

「お門違い」の意味とは?使い方や例文!類語も!

「お門違い」の意味 「お門違い」は「おかどちがい」と読みます。 「お門違い」は元々「門(家)を間違える」=「訪問するべき家を間違えること」という意味でした。 元々の意味で違う家を訪ねてしまっている場合にも用いられますが、現...
ことわざ・慣用句

「肝に銘じる」の意味とは?使い方や例文!類語も!

「肝に銘じる」の意味とは? 「肝に銘じる」の読み方は「きもにめいじる」となります。 「肝に銘じる」の意味は心に強く刻みこんで忘れないようにする。 「肝」とは、私たちの体にある「肝臓」のことを指します。「銘じる」の「銘」は、...
ことわざ・慣用句

「身も蓋もない」の意味とは?使い方や例文!類語も!

「身も蓋もない」の意味とは? 「身も蓋もない」の読み方は「みもふたもない」となります。 「身も蓋もない」の意味は言葉が露骨すぎて、情味も含蓄もない。直接すぎて、話の続けようがない。 ものごとを率直に表現しすぎて、あまり風情...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました