スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

「肝に銘じる」の意味とは?使い方や例文!類語も!

「肝に銘じる」の意味とは? 「肝に銘じる」の読み方は「きもにめいじる」となります。 「肝に銘じる」の意味は心に強く刻みこんで忘れないようにする。 「肝」とは、私たちの体にある「肝臓」のことを指します。「銘じる」の「銘」は、...
言葉

「倣う」の意味や読み方は?使い方や例文!「習う」との違いも!

「倣う」の読み方 「倣う」の読み方は「ならう」となります。「習う」と同じ読み方をにします。 「倣う」の意味 「倣う」の意味はすでにあるやり方、例をまねて、そのとおりにする。手本としてまねをする。 「倣う」の「倣」という字は、...
ことわざ・慣用句

「身も蓋もない」の意味とは?使い方や例文!類語も!

「身も蓋もない」の意味とは? 「身も蓋もない」の読み方は「みもふたもない」となります。 「身も蓋もない」の意味は言葉が露骨すぎて、情味も含蓄もない。直接すぎて、話の続けようがない。 ものごとを率直に表現しすぎて、あまり風情...
ことわざ・慣用句

「元も子もない」の意味とは?使い方や例文!

「元も子もない」の意味とは? 「元も子もない」の読み方は「もともこもない」となります。 「元も子もない」の意味は元金も利息もない。すべてを失って何もない。 「元も子もない」の「元」は「元金、元手」、「子」は「利子、利息」を...
言葉

「口々に」の意味とは?使い方や例文!類義語や言い換えも!

「口々に」の意味とは? 「口々に」の読み方は「くちぐちに」となります。 「口々に」の意味は多くの人がそれぞれ言うこと。 大勢の人が異口同音に唱える様子を表す言葉です。 「口々に」の使い方や例文 「口々に」は多くの人がそれぞれ...
言葉

「幾度となく」の意味とは?「何度となく」との違いは?使い方や例文!

「幾度となく」の意味とは? 「幾度となく」の読み方は「いくどなく」。 「幾度」は「何回」 に置き換えられます。「幾度となく」は「何回となく」と同じで、多くの回数という意味です。 「幾度となく」と「何度となく」の違いは? 「何...
言葉

「言い募る」の意味とは?使い方や例文!類語もチェック!

「言い募る」の意味とは? 「言い募る」の読み方は「いいつのる」となります。 「言い募る」の意味は調子に乗っていよいよ激しく言う。とても激しく話すさまを表す言葉です。 しかもただ激しいだけではなく、話しているうちに調子に乗っ...
言葉

「賜物」の意味とは?使い方や例文は!対義語もチェック!

「賜物」の意味とは? 「賜物」の読み方は「たまもの」となります。 「賜物」の意味は苦しい試練などのあとに、得られる良い結果を意味する言葉。 「良い結果」や「良い出来事」、「良い成果」を表す敬語です。 また「賜物」は、...
ことわざ・慣用句

「百も承知」の意味は?語源、使い方や例文!

「百も承知」の意味は? 「百も承知」の読み方は「ひゃくもしょうち」となります。 「百も承知」の意味は言われるまでもなく、十分わかっていること。「百も承知二百も合点」 百という数字は知識が豊富であることを「一から百まで知って...
言葉

「肝要」の意味とは?「肝心」との違いは?使い方や例文!

「肝要」の意味とは? 「肝要」読み方は「かんよう」となります。 「肝要」の意味は非常に大切なことや重要なこと、最も必要なことといった意味をします。 「肝要」と「肝心」の違いは? 「肝要」と「肝心」は、どちらも非常に大切なこと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました